面接礼状の書き方

お礼状・お詫び状ハンドブック改訂版

面接礼状とは、一般に、面接後に採用担当者宛に出す手紙のことで、主に面接をしてもらった事への感謝の気持ちをつづった内容のものを書くものです。
面接礼状は、基本的に面接官個人に対して送られるものですが、あまり形式にこだわりすぎず、感情に訴える内容のものが好まれる場合も多いようです。面接を終了した段階で、反省点があった場合などにも活用できます。
「拝啓」「敬具」などの手紙の基本的な書式を踏まえる事は大前提になりますが、礼状の形式としてはあまり長くならず、相手方の会社名から所属部署の流れで名前を入れ、まずは感謝の言葉からはじめる事が一般的です。
昨今では名刺にメールアドレスが記載されている場合も多いため、メールにてお礼状を出す場合もあります。

面接礼状のメリット

面接後に礼状を出す事で、面接そのものに加えて、選考の評価のあがる可能性があります。また、面接した側からみて、悪い印象を与える事は少ないと考えてよいでしょう。
集団面接や選考までに時間のかかる場合など、一人ひとりの印象が希薄化する場合にも活用できるでしょう。
人前であがりやすいタイプの人は、自分へのイメージを変えたい場合に送る方法もあります。また、上手く話せなかった場合や、更に付け足して発言したい事がある場合など、感謝の気持ちを前提としての内容に付け足す形としてアピールする事ができます。 さらに、選考書類の一つとして形に残るため、何段階かの選考段階がある場合にも有効な方法でしょう。
また、面接時に提出した履歴書や職務経歴書などの書類では書ききれなかった内容を伝える場合には、文中にさりげなく添えることできます。

礼状はその日のうちに

面接後の礼状はとにかく早く出しましょう。面接後の合否は直ぐに判断される可能性が高いです。合否が決まってから礼状を出しても意味がありません。
礼状は面接が終わりましたら、その日のうちに書いてしまいましょう。遅くでも翌日前には郵送しましょう。

感謝の気持ちをこめて書く

面接の礼状は、感謝の気持ちを伝えなければ意味がありません。現状ではほとんどの方が礼状を出すといわれています。ただ文章上で感謝の言葉を書いても、担当者はそのような文章は見飽きています。心から感謝をしながら書けばおのずと相手に気持ちが伝わるものです。
ただ書くだけではいけません。絶えず感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

スポンサードリンク

内定の礼状も出しましょう

就職の内定をいただいた時も礼状を出しましょう。
内定のお礼状なら、簡潔に、内定への感謝と入社に際しての今後への熱意・決意を書くのが良いでしょう。